タトゥーはボディアートの一種である|レーザーで消すから痛くない

婦人

にきび跡の治療法

レーザー

にきびの跡の治療法

顔の目立つ「にきび跡」は大きな悩みの種となります。容姿を特に気にする女性はもちろんのこと、最近では男性の美意識の高まりから美容整形外科に、にきび跡について相談にくる男性も増加しています。美容整形外科での、にきび跡の治療法は「レーザー治療」が現在主流になっています。レーザー治療は痛みを殆ど感じることなく、施術時間は短時間であり、何より確実な効果が得られる為に大変人気のある治療法なのです。ただし現在、美容整形外科には多種多様なレーザー機器が存在しています。自身のにきび跡の状態や、肌の性質に適したレーザーを選ばないとその除去効果も半減してしまいます。どのレーザー治療が自分に合っているのか、事前にインターネットなどで下調べをしてから美容整形外科には相談に行くようにしましょう。

にきびの跡の治療法の種類

美容整形外科での、にきび跡除去の為のレーザー治療は、3つの種類に分けられます。まず「フレクセルレーザー」と呼ばれる治療法が、肌表面に極小さな穴を無数に開け、皮膚表面の細胞を丸々入れ替える施術です。平均5回前後の照射で、にきび跡を消しさることが可能とされています。次に「炭酸ガスレーザー」と呼ばれる治療法は、クレータータイプのにきび跡を目立たなくせるのに大変効果的とされています。照射は1〜2回ほどで終了ですが、照射後は肌にカサブタができるので、3週間前後はガーゼなどでの保護が必要となります。最後に「クールタッチレーザー」と呼ばれる治療法が、通常のレーザー照射と同時に冷却ガスも噴射させる施術となります。肌を冷やしながら照射することで、肌にかかる負担が少なくて済むので細胞の再生が早いのが特徴です。ただし少し施術料金が割高になります。